萩原朔太郎(はぎわらさくたろう)

萩原朔太郎作品の買取を強化しております。
萩原朔太郎のプロフィール、代表的な作品の買取価格や買取事例を紹介しています。

萩原朔太郎のプロフィール

生年月日1886年11月1日
出身地群馬県東群馬郡北曲輪町(現前橋市千代田町)

明治19年(1886年)、群馬県東群馬郡北曲輪町(現前橋市千代田町)に生まれる。口語象徴詩や叙情詩など近代詩を切り開いた詩人。

明治36年(1903年)、旧制県立前橋中学校在学中、石川啄木たと「新詩社」の同人となる。
大正2年(1913年)、北原白秋の雑誌『朱欒』に詩を発表。室生犀星と知り合う。
大正6年(1917年)、『月に吠える』を出版。
昭和2年(1927年)、このころから三好達治、堀辰雄、梶井基次郎などの書生や門人を抱える。
昭和9年(1934年)、『氷島』を刊行。
昭和12年(1937年)、『日本への回帰』を発表し、日本主義を主張する。
昭和14年(1939年)、急性肺炎のため55歳で死去。

初版本や全集など高価買取。「日本近代史の父」と称される詩人。

主な作品

  • 詩集月に吠える
  • 猫町
  • 青猫
  • 純情小曲集
  • 新しき欲情 - 情調哲学 -
  • 氷島

萩原朔太郎の作品買取価格

価値あるものは相場より高く買取ります!お気軽にご連絡ください。

萩原朔太郎の作品買取事例

日本特価書籍の古書・古本買取について

当店は、古書の街・神田神保町で明治35年に創業した古本屋です。手軽にお読みいただける本から研究の対象となる史料・専門書、また愛好家に好まれる趣味の本まで幅広く、本という本を観続けてまいりました。

室町時代・江戸時代の古い和本や哲学書、仏教書、国文学などの専門書、学術書から美術書・書道書等趣味の本や古い雑誌・最新の本まで、ジャンルを問わず買取いたします。古い本から近年の本まで、紙物なら何でもお任せください。まとめて出張買取いたします。萩原朔太郎に関する古書の買取は、当店へお気軽にご相談ください。

長年の経験と知識により鑑定が難しい物でも、専門スタッフが査定・買取致します。

古本の買取方法のご紹介

東京神田の店頭での買取も承ります。

いずれの買取方法もまずは、お気軽にお問合わせ下さい。

お問合わせ・お申込みはこちら