夏目漱石(なつめそうせき)

夏目漱石作品の買取を強化しております。
夏目漱石のプロフィール、代表的な作品の買取価格や買取事例を紹介しています。

夏目漱石のプロフィール

生年月日1867年2月9日
出身地牛込馬場下(現東京都新宿区喜久井町)

本名、夏目金之助。慶應3年(1867年)、江戸牛込馬場下(現在の東京都新宿区喜久井町)に生まれる。大学時代に正岡子規と出会い、文集『七草集』にて漱石の号を初めて使い、文人生活が始まる。

明治26年(1893年)、高等師範学校も英語教師となる。
明治33年(1900年)、イギリス留学。
明治38年(1905年)、『吾輩は猫である』を『ホトトギス』に連載。
明治39年、『坊ちゃん』を『ホトトギス』に発表。
明治41年(1908年)、教職を辞し朝日新聞社へ入社し職業作家となる。以降『夢十夜』『こころ』『道草』などを発表。
大正5年(1916年)、『明暗』連載さなか49歳で死去。

初版など高価買取。日本の近代文学を切り開いた人物で、もっとも有名な文人の一人といっても過言ではありません。

夏目漱石の作品買取価格

価値あるものは相場より高く買取ります!お気軽にご連絡ください。

夏目漱石の作品買取事例

日本特価書籍の古書・古本買取について

当店は、古書の街・神田神保町で明治35年に創業した古本屋です。手軽にお読みいただける本から研究の対象となる史料・専門書、また愛好家に好まれる趣味の本まで幅広く、本という本を観続けてまいりました。

室町時代・江戸時代の古い和本や哲学書、仏教書、国文学などの専門書、学術書から美術書・書道書等趣味の本や古い雑誌・最新の本まで、ジャンルを問わず買取いたします。古い本から近年の本まで、紙物なら何でもお任せください。まとめて出張買取いたします。夏目漱石に関する古書の買取は、当店へお気軽にご相談ください。

長年の経験と知識により鑑定が難しい物でも、専門スタッフが査定・買取致します。

古本の買取方法のご紹介

東京神田の店頭での買取も承ります。

いずれの買取方法もまずは、お気軽にお問合わせ下さい。

お問合わせ・お申込みはこちら