新着情報

HOME > 新着情報

RSS

実利論、ほか岩波文庫入荷しました

2017/07/29 

『実利論 古代インドの帝王学』上下2冊 カウティリヤ/著 上村勝彦/訳 1997年 岩波文庫
 
 インドでは古来ダルマ(法)とカーマ(享楽)とアルタ(実利)が人生の三大目的とされてきた。古代インドの名宰相カウティリヤの作と伝えられる本書は、アルタの立場から揺ぎない権力の確保のために王が採るべき権謀術数を説いたものである。これに比べれば「君主論」など、たわいないものだとヴェーバーは言う。


『数理哲学序説』ラッセル/著 平野智治/訳 1994年 岩波文庫
 
 20世紀の偉大な頭脳で、数学者、哲学者、社会思想家のラッセル(1872‐1970)の名著。数学の概念はすべて論理学の基本概念で定義され、数学の命題はすべて論理学の基本命題から演繹される。数学基礎論における論理主義の立場から書かれたもので、数理哲学のすぐれた入門書である。第1次世界大戦の末期、反戦のために囚われた獄中で書かれたもの。

前のページへ 次のページへ

▲ページのトップに戻る

古い本や美術書など、本の中には思いがけず価値のある本もございます。処分される前に是非ご相談ください。

古書、古本、美術品の出張買取を致します。お気軽にお問い合わせください。0120-167-118

お問い合わせ