新着情報

HOME > 新着情報

RSS

ヨーロッパ史入門

2016/09/06 

岩波書店のヨーロッパ史入門の第二期より、2冊ご紹介いたします。


『スペインの黄金時代』ヘンリー・ケイメン/著 立石博高/訳 2009年 岩波書店
 スペインは一世紀余りにわたって強大な一大帝国を誇ったが、一七世紀後半に入ると一転して大きく凋落する。「スペイン帝国」とは何であったのだろうか。王権の性格、帝国経済、軍事力、衰退をもたらした要因、「血の純潔」問題、異端審問制度の果たした役割、スペインの社会的・文化的異質性など、つねに論争を呼んできた「黄金時代」をめぐる主要な議論を批判的に紹介している。

『冷戦1945-1991』マイケルL.ドックリルほか/著 伊藤裕子/訳 2009年 岩波書店
 第二次世界大戦後の約半世紀にわたって、全世界を巻き込んで進行した冷戦。本書は、冷戦史をその起源を含め広範な地域にわたって概観し、あわせて解釈の時代的な変容を跡づける。
バランスよく記述された入門書で、核戦略を軸とした大国間関係が強調されがちな従来の見方に対して、ヨーロッパ諸国や中国など米ソ以外のアクターの影響を適切に考慮し、ソ連崩壊後の最新研究を踏まえ、単純な原因論をさけて冷戦の多様性を浮かび上がらせている。


※ 歴史関係の古書買い取りいたします。西洋史、日本史、戦記、全集…等
  お気軽にご相談ください。

前のページへ 次のページへ

▲ページのトップに戻る

古い本や美術書など、本の中には思いがけず価値のある本もございます。処分される前に是非ご相談ください。

古書、古本、美術品の出張買取を致します。お気軽にお問い合わせください。0120-167-118

お問い合わせ