新着情報

HOME > 新着情報

RSS

医学史話ほか入荷しました

2018/03/17 

『医学史話 杉田玄白から福沢諭吉』藤野恒三郎/著 昭和60年 菜根出版
 著者は細菌学者として優れた業績をもつ。マックス・フェルホルンを理解し、その医哲学を基本としてレオナルド・ダ・ヴィンチに入り、山脇東洋から杉田玄白、華岡青洲、緒方洪庵に及ぶ。

『大坂名医伝』中野操/著 昭和58年 思文閣出版
 豊太閣が、大坂の町を開いてから5,60年これという名のある医者が大坂には出なかった。ほと
んどが王城の地たる京都に集まっていた。ところが17世紀もなかば近くなって、ようやく大坂にも一名医が現れた。それが古林見宣(ふるばやしけんぎ)であった。
若くして志を立て、当時学問の中心であった京都に出て、一流名医の曲直瀬玄朔や曲直瀬正純について李朱医学を修めた。
のち見宣が門生を教えるにあたり、第一の教科書としたのは、李梃の撰した「医学入門」であり、この「医学入門」がわが国で行われるようになったのは、見宣が初めてとされる。

前のページへ 次のページへ

▲ページのトップに戻る

古い本や美術書など、本の中には思いがけず価値のある本もございます。処分される前に是非ご相談ください。

古書、古本、美術品の出張買取を致します。お気軽にお問い合わせください。0120-167-118

お問い合わせ