新着情報

HOME > 新着情報

RSS

日本史、民俗学関係

2017/07/31 

民俗学、日本史関係入荷しました。

入荷の中から2冊ご紹介いたします。

『日本の鬼 日本文化探究の視角 増補改訂』近藤喜博/著 昭和50年 桜楓社
 承安元年7月8日、伊豆の奥島に着いた鬼の姿について、「古今著聞集」にこう記してある。
「鬼は物いふ事なし、其かたち身は八九尺計にて、髪は夜叉のごとし、身の色赤黒く、眼まろくして猿の目のごとし……」猛々しく巨大なるものの姿である。こうした鬼類が漂着したか否か証明する術もないが、その異人をかのような怪奇性に捉えて説話化していた。


『増補 近世質屋史談』 鈴木亀二/著 昭和61年 行人社
 江戸幕末体制下の庶民の暮らしに、質屋の存在を抜きにして語ることは出来ない。残存する史料断片を解きほぐす丹念な作業は、推理小説を読む興奮を覚える。実際に質屋を営む著者が編み出した、長年の体験に裏打ちされた平明な文体の、一種の魔術だろうか。

前のページへ 次のページへ

▲ページのトップに戻る

古い本や美術書など、本の中には思いがけず価値のある本もございます。処分される前に是非ご相談ください。

古書、古本、美術品の出張買取を致します。お気軽にお問い合わせください。0120-167-118

お問い合わせ