新着情報

HOME > 新着情報

RSS

仮名の歴史についての本入荷

2017/03/18 

『歴史的仮名遣い その成立と特徴』 築島裕/著 2014年 吉川弘文館 読みなおす日本史
 昭和二十一年に「現代かなづかい」が公布されるまで使われていた「歴史的仮名遣い」とは。それはどのように成立したのか。いろは歌から定家仮名遣い、近世の研究や、明治政府の統一基準の作成まで、日本語表記の歴史をたどっていく。

『ミミヲソギ ハナヲソギ 片仮名書百姓申状論 中世史研究選書』黒田弘子/著 平成8年 吉川弘文館
 中世の百姓は、自らの主張や怒りをどのように表現していたのだろうか。「ミミヲキリ、ハナヲソギ」という地頭の威嚇で知られる紀伊国阿弖(あてがわ)庄。その片仮名で書かれた百姓申状を、国語学の成果なども導入して綿密に読み解いていく。中世の村と百姓の姿をいきいきと描き出し、申状の書き手は誰なのか、なぜ片仮名で書かれたのかを解明する。

※ 本のお買い取りいたします。お売り下さる本がありましたら、フリーダイヤルまたはメールまでご連絡ください。ご依頼・ご相談もお待ちしております。

前のページへ 次のページへ

▲ページのトップに戻る

古い本や美術書など、本の中には思いがけず価値のある本もございます。処分される前に是非ご相談ください。

古書、古本、美術品の出張買取を致します。お気軽にお問い合わせください。0120-167-118

お問い合わせ