新着情報

HOME > 新着情報

RSS

悪について、ほか新入荷

2017/01/11 

『悪について』ルドルフ・シュタイナー/著 高橋巖/訳 2012年 春秋社
 シュタイナーは現代を「悪の時代」と捉えた。「技術と産業と営利主義」が結びつくとき人間の未来はどこへ向かうのだろうか。希望を秘めた最期のエッセイを収録した。素足で焼け跡を歩く未来の人々へのメッセージ。「魂について」、「死について」に続く三部作目。

『言語はなぜ哲学の問題になるのか』イアン・ハッキング/著 伊藤邦武/訳 1996年 勁草書房
 ホッブスからデイヴィドソンまでの近世以降の主な言語哲学の流れを概観し、自由な解釈を重ねて背後にある問題意識を探った。
ホッブスの精神的言説、ポール・ロワイヤルの観念、バークレーの抽象作用、チョムスキーの生得説、ラッセルの直知ほか…

※ 古書のお買い取りいたします。本棚の整理、書庫の整理などお売り頂ける本がございましたら、当店までご相談ください。フリーダイヤルまたはメールにて古書買い取りのご依頼を受け付けております。

前のページへ 次のページへ

▲ページのトップに戻る

古い本や美術書など、本の中には思いがけず価値のある本もございます。処分される前に是非ご相談ください。

古書、古本、美術品の出張買取を致します。お気軽にお問い合わせください。0120-167-118

お問い合わせ