新着情報

HOME > 新着情報

RSS

魔術的リアリズムの巨匠

2016/06/03 

ラテンアメリカにおいて、20世紀を代表する作品を生み出したガブリエル・ガルシア=マルケス。代表作『百年の孤独』は33か国語に翻訳され、現在でもその作品世界の魅力は色あせない。1982年にはノーベル文学賞を受賞。2014年に87歳でこの世を去っている。

2009年発行の「生きて、語り伝える」
はマルケス―物語るために生きてきた男―の自伝である。
冒頭には、「人の生涯とは、人が何を生きたかよりも、何を記憶しているか、どのように記憶してかたるかである」と記されている。

海外文学・評論コーナーに数点ですが入荷しました。
「百年の孤独」は旧版ですのでヤケや経年のイタミ等ございますが、それ以外は状態は良いほうかと思います。ご興味のあるお客様はお早めにどうぞ!

ご来店お待ちしております。

前のページへ 次のページへ

▲ページのトップに戻る

古い本や美術書など、本の中には思いがけず価値のある本もございます。処分される前に是非ご相談ください。

古書、古本、美術品の出張買取を致します。お気軽にお問い合わせください。0120-167-118

お問い合わせ